fax一斉送信

FAXDMは別名だが、fax一斉送信サービスとも言うらしい。
このことについて、少し述べておこうかなと思う。

今、FAXDMの別名が、fax一斉送信サービスであると述べたが、正確には
異なっているように思う。

FAXDMはその言葉のとおり、FAXのDMであるという意味が表されているであろう。
FAX一斉送信には、FAXをまとめて一斉に送信するという意味が表されていると思われる。

今、このFAX一斉送信という時はどういう時をあらわすかというと、
DMではなく、業務用FAX一斉同報送信を指すようだ。

もしかしたら、読者にはイメージできないかもしれない。

FAXを一斉に送るのはDMだけではないのだ。
実は、FAXを連絡用の情報として送信したり、発注書などの帳票を送るやりとりとして使っていたり
といわゆる業務用で一斉にFAXをするほうが実は世の中の主流なのだ。

たとえばであるが、アパレルメーカーの本部と百貨店やショップなどはこのFAX一斉送信で
やりとりしていることが多い。

理由としては、ショップ店員は、お客様を見ていなくてはならず、メールで連絡しても
情報を見落としてしまうことがあるため、紙で情報を伝えるのは非常に重要なことなのだ。

その場合、郵送物であれば遅すぎる。

そう。今でも、FAXは非常に重要な要素をもっているのである。
一時期、メールやグループウェア、他、クラウドコンピューティングが主流になった時、
FAX一斉送信は終わるといわれていた。

しかし、やはり、紙に勝るものはないのかもしれない。

FAXDM

fax一斉送信